会社をしる

PLANTのあゆみ

PLANTのあゆみ

約30年前、社長が構想していたのは、日用品を販売する「ホームセンター」の多店舗展開でした。
その実現のためには、まず、「人材」や「資金」を確保しなければなりません。そうして、もともと家業であった、家庭用品販売業の「ジョイフルストア」を、次々と出店していきました。

約10年をかけ、4店舗を開店した後、念願の「ホームセンター(PLANT-1)」をオープン!好評を博し、順調なスタートを切って行ったところ、お客様から意外な声をいただくことに......。

それは、「実用衣料やお菓子を置いて欲しい!」という、リクエストでした。

「ホームセンターに衣料品やお菓子?」と、当初は戸惑いましたが、お客様のご要望でもあり、置いてみることにしました。
そうしたところ、品揃えの目新しさが評判をよび、他にもご要望をいただいて、結果的に「ディスカウントストア」の様相を呈するようになったのです。

おかげさまで、売り上げは順調に伸び、大盛況!
「次もPLANT-1のようなディスカウントストアを作ろう!」との思いを新たにしました。

PLANTのあゆみ

次の出店計画を基に開発を進めていたところ、今度は地域の住民から、思いもよらない声が......。

「肉や魚も置いてほしい!」

地域とのつながりを大切に、と常に考えておりましたが、正直、経営的に乗り気にはなれませんでした。しかし、お客様のご要望に応えるために、中古の冷蔵ケースでコストを下げるなど工夫して品揃えを整えていくうちに、商品構成の面で日本で最初の「スーパーセンター」になっていました!

当初はロスも多く、軌道に乗るまでには大変でしたが、今では、食品はPLANTの主力商品となりました。こうして「スーパーセンター」を多店舗展開し、現在にいたりました。