トップメッセージ

日本全国にスーパーセンター業態を!

PLANTは約25年の歳月をかけ日本におけるスーパーセンター業態を開発してきた。その中味は「生活必需品の総合ワンストップショッピング業態」である。

普段は何気なく地味で泥臭い商品群ではあるが、一旦、大震災のような天変地異が発生するとこの業態がもつ"力"は商圏のあらゆる人々に生活上の災難から救うことが可能なのである。

この事は先の東日本大震災で甚大な被害のあった福島県にある当社のPLANT-5大玉店(福島県大玉村)での震災直後の販売経験から、はっきりと証明された。言い換えれば、生活のインフラとしての存在が証明されたという事である。

当社は今後、出店を加速し、この究極の生活業態を日本のすべてのお客様に知ってもらい使ってもらうことにより、お客様の生活の安定を願い、我々が開発した業態の社会的認知を獲得したいと願っている。









代表取締役会長 三ッ田勝規

会長写真